第30回・あふれ出す変態gentle面に、ついて。

一応言っておきます。

ワシ、Appleのクリーンリリック宣言しとんねんで!

とある書籍を足がかりに
「そんなトーンで話すことなのか・・・?」
なことをお話しております。

*関連リンク*

 

お楽しみいただければ幸いです-怪文-

 

 

第29回・映画「ザ・サークル」に、ついて。

IT屋さんってのは結構ブラックボックス化されてる感じで
中の地獄加減って意外と気づかれてない気がします。

まぁ・・・・
この映画を見たってそんなことには
一切触れられてませんがね・・・

映画「ザ・サークル」についてお話しております。

*関連リンク*

 

お楽しみいただければ幸いです-怪文-

 

 

第28回・【聴取制限あり】命に、ついて。

先日起こりました地方アイドルの自殺について。
少し思うところありお話させていただきました。

これらが一般的な意見かどうかはわかりません。
たぶん、違うと思います。
これらに意見の多様さが必要かどうかも私にはわかりません。

それでも伝えたいことがある。
よろしければお聞き下さい。

【ご注意】
今回のエントリーは向き・不向きがあります。
誰かの心に付け入って平穏を乱すことはよしとしていません。
聴取制限についてはなんの拘束力もない紳士協定になりますが
心が疲れ気味の方、うっとおしい人の意見をご所望でない方は
今回のエントリーについてはスルー頂けますよう、重ねてお願い致します。

第27回・そろそろ話をしように、ついて。

こう見えて寡黙なんですよ?俺。
ってのは結婚まで妻には信用してもらえませんでした。

怪文一族で最も寡黙なんですよ。イヤマジデマジデ。

さぁ、話をしましょう!ということで
Podcastの始め方云々やノウハウについてお話させていただきました。

*関連リンク*

 

お楽しみいただければ幸いです-怪文-

10/16 19:31 リンク1件を追記(Anchor)

第26回・しんどめの巨人に、ついて。

結構大きめの私、疲れが溜まっています。

そんな内容だけで時間埋める気かお前・・・。

例年ならそろそろ新コアって時期なはず。
CPU、特にインテルを中心にお話ししています。

*関連リンク*

ハズキルーペ

お楽しみいただければ幸いです-怪文-

 

 

第25回・カメラを止めるがな!に、ついて。

A「スミマセーン。カメラを止めてもらえますか?」
A「他のお客様もいらっしゃいますし・・・ちょっと困るんですー・・・」
傲慢プロデューサー「カメラを止めるな!」

って映画とお聞きしています。はい。

ドイツはケルンにて開催されているフォトキナ2018周りを話そうとしましたが
ちょっとそれどころじゃない、一人カーニバルをお伝え致します。

*関連リンク*

訂正:9"37
「イメージセンサー」は解釈として微妙な為
「イメージプロセッサ」に訂正します。

修正:10/2深夜0時段階のエントリーに音声ファイルへのリンク切れが
発生しておりました。お詫びの上リエントリーになります。

お楽しみいただければ幸いです-怪文-

 

 

第24回・Mr.Xはお気に召すままに、ついて。

携帯電話料金が安くなる・・・なんて話を最近耳にしますが

それ以上の勢いで端末料金が上がってませんかね?

今回は前後1ヶ月前後のモバイル端末についてや
内臓技術についてお話しています。

*関連リンク*

 

お楽しみいただければ幸いです-怪文-

第23回・お薬飲めたね?に、ついて。

まずは
2018年夏の近畿を中心とした台風被害
ならびに北海道地震の被害に遭われた皆様に
お見舞い申し上げます。

皆が共にあります。どうぞ頼ってください。

医療の世界にもいろいろとありながらも
日々医療側とドナー側の試行錯誤で距離は近づいている面もあります。
「お客様は神様」なんておごりがなければ
もう少しこの速度も上がるのかもしれませんね。

そうじゃない話をしますよ。

まぁ色々あるけど
信用できない会社』の話と
信用しすぎないように』という話です。

*関連リンク*

 

お楽しみいただければ幸いです-怪文-

-訂正-
8:50[上位3つ]→[これら3つ]

第22回・ガバナンス、BBAナンスに、ついて。

(若干個人攻撃、かつ若干口悪いエントリーです。お気をつけください)

インターネットにおいては発言は自由です。それは
「何を言ってもOK」なのではなくて
「何を言っても責任を持つ限り
その権利は誰にも奪われない」
ということです。
そこには「犯罪」については含まれないのは
もう言わずもがなですが。

今回は某「Twitter公認バッジ持ち」の意見を引き合いに
インターネットの統治について考えたいと思います。

*関連リンク*

 

お楽しみいただければ幸いです-怪文-